トレインWedding

新郎さんは幼い時から電車が大好きで特に古い電車が走っている様子を撮影する『トリ鉄』でした。上毛電気鉄道には1928年の開業に際して製造された『デハ101』があり、日本では唯一ここだけしか現役で走っていないこの電車を貸し切ってゲストと共にレトロな雰囲気を味わいたいと栃木県宇都宮市から相談に見えました。

特別ダイヤを組み前橋から桐生までゲストをお迎えに行き、中では昔ながらの硬券切符を切り 気分はまさに昔の車掌さん。

上毛電気鉄道では一日10万円で貸切運行が可能で『結婚式を挙げたい』『仲間と楽しみたい』というお客様も多いようです。

貸切運行を満喫した後は、大胡駅車庫からすぐの音羽倶楽部で挙式&パーティー新婦さんも大満足な一日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です